東京土建一般労働組合 多摩・稲城支部は建設業で働くあなたの仕事と暮らしを応援します!

東京建築カレッジ

  • HOME »
  • 東京建築カレッジ

木造建築の伝統技能と現代技術を学ぶ

東京建築カレッジ 職業能力開発短期大学校
高度職業訓練専門課程/居住システム系建築科 (2年制、(金)(土)登校日)

東京建築カレッジは、毎週月~木まで建設の現場で働き、金、土の二日間登校して学ぶ、新しいタイプの短期大学校です。卒業までの2年間に約2900時間の高度職業訓練のカリキュラムを学びます。実習では、道具作り・規矩術の基本から初めて、実物大の実習棟を1棟立ち上げます。
学科は、住宅概論・安全工学・建築構造力学・構造設計・設計製図・建築CADなど多岐に渡ります。
日本の伝統的な木造建築技術の基本から、現代に求められる技術までを総合的に学び、本物の家作りを通し、若き建設職人・新しい時代の建築スペシャリストを養成しています。

研修生の特典

技能士

卒業時の「技能照査」に合格すると、技能士補の称号を得ます。
さらに、1級、2級技能検定受験に必要な実務経験年数の短縮や、学科試験免除の特典があります。

建築士

卒業と同時に2級建築士・木造建築士の受験資格、卒業後4年の実務経験で1級建築士の受験資格が得られます。

職業訓練指導員

卒業後3年の実務経験で指定の講習を受講すれば、職業訓練指導員の資格が得られます。

事業主への助成

研修生を雇用保険に加入させている建設の事業主は厚労省より賃金の一部が助成制度で受け取れます。

2021年度・東京建築カレッジ『募集要項』

2021年度・第26期入学生の募集要項について

 

どんな事でもお気軽にお問合せください。 TEL 042-373-3888 受付時間:9時~17時(土日祝日を除く)

PAGETOP